安心の施術で健康と幸せを発信します

可視総合光線療法 内科・皮膚科・産婦人科でも行われる画期的な自然療法です

保険診療 骨折、不全骨折(骨のひび)、脱臼、打撲、捻挫など 早期の適切な治療が大事です

保険外診療 肩こり、腰痛、便秘、むくみ、倦怠感気になる身体の不調を改善します

交通事故診療 むちうち、手の痺れ、頭痛、めまい、吐き気など 一度ご相談ください

交通事故による示談交渉


大きなMAPで見る
〒611-0033
京都府宇治市大久保町南ノ口64-11-1
TEL 0774-26-7254


交通事故による示談交渉でお困りの方へ

弁護士に相談するだけで金額が変わる場合があります。
保険会社は、被害者にとって不利な金額を提示してくることがあります。
しかし、保険会社が提示する示談金は、あくまでも保険会社内部の基準によるものに過ぎません。
提示する金額が、本来受け取ることができる金額より、低いケースがたくさんあります。
交渉のプロである弁護士が交渉に入れば、保険会社の内部基準は通用しません。被害者の方にとって妥当な金額で示談をすることができます。
 

あなたはその賠償額に納得していますか?

  • 示談金の額に満足いかない
  • 後遺障害の評価に納得がいかない
  • 突然、治療費の支払いを打ち切られた
  • 保険会社の担当者の対応に納得がいかない
  • 弁護士の着手金を支払う余裕がない
   事故に合われた方のほとんどの場合は、本人が負担されることはありません!
被害者の方は、自分に落ち度がないのにもかかわらず、保険会社の社員から理不尽な対応を受けたり、満足のいく治療や示談金を受けとることができなかったりすることがあります。
そんな時は、お一人で悩まずご相談ください。
 

弁護士に依頼するメリット

賠償金額の基準がUPする 保険会社の基準は、裁判所や弁護士の基準とは大きく異なります。交渉のプロである弁護士が交渉に入れば、保険会社の基準では通用しません。 被害者の方にとって、妥当な金額で示談をすることができます。
司法書士や行政書士
では扱えない
業務を扱える 司法書士(※1)や行政書士は、被害者の方の代わりに交渉をしたり、裁判所に行ったりすることが法律(弁護士法72条)で禁止されています(※2)。
※1 ただし、特別な研修を受けた「認定司法書士」は、請求額が140万円までであれば代理することができます。
※2 書類の作成は依頼できます。
精神的な負担が軽くなる 示談の交渉は、被害者ご本人でもできます。しかし、事故で怪我を負いながら、ご自身で資料を集めたり、 保険会社の担当と交渉を進めたりするのは、精神的に大きな負担となります。
「なぜ、被害を負った自分が、これだけ不快な思いをしなければならないのか」そう思われる方はたくさんいます。弁護士に依頼すれば、精神的な負担は軽くなります。
解決にいたるスピードが速い 弁護士は交渉そのものが仕事です。交通事故に関する知識や経験も豊富です。
被害者の方が、お仕事の合間に交渉を進めるよりも、スピーディに解決に至ることができます。

問題解決までの流れ

 

お気軽にご相談ください。

弁護士・税理士  牧尚人
1975年(昭和50年)10月8日生まれ。
得意分野は労働問題(使用者・労働者双方)、
交通事故、債権回収、破産申立、遺言相談など
【著書】『弁護士イチオシ!困ったときのネット検索』

▲pagetop